臨床研究の情報公開

オプトアウトについて

臨床研究を実施する場合は文書もしくは口頭にて内容を説明し、同意が得られた後から開始します。臨床研究のうち、患者さんへの侵襲や介入もなく診療情報等の情報のみを用いて行う研究等については、国が定めた指針「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に基づき、対象となる患者さまのお一人ずつから直接同意を得る必要はありませんが、研究の目的や内容を公開し、拒否の機会を保障することが必要とされております。このような方法を「オプトアウト」と言います。
当院は「リウマチ膠原病センター」として専門医師による専門的治療を行うことはもちろんですが、患者様の臨床のデータの蓄積と解析を行い新たな知見を得ることで、さらに多くのリウマチ膠原病を患っている患者様により良い治療・良い診断ができるように、各部門において研究面にも力を注いでいきたいと考えております。
治療・看護・検査等は通常と変わりなく行いますが、各部門にて得られました結果および新たな情報を、医療の向上のために学会・学術雑誌などに発表する場合があります。
この場合、全ての個人情報に関してはプライバシー保護のために厳重に管理し、かつ個人が特定できないように細心の注意を払いますのでご安心下さい。
あなたの自由な意思でお決めになり、同意できないとお考えの場合は遠慮なくお申し出てください。同意されなくても不利益になるようなことは一切ありません。
すべての研究は当院の倫理委員会にて承認され、院長の許可のもと、倫理指針及び法令を遵守して実施します。
当院でオプトアウトを用いた臨床研究は下記の通りです。
診療情報(カルテ、検査・画像記録等)を研究目的に利用または提供されることに、ご同意されない場合は、下記文書内に記載されている各研究の担当者までお知らせいただくか、「診療情報等の研究目的利用に関する不同意書」にご記載の上、受付にご提出下さい。


NCD(一般社団法人 National Clinical Database)外科手術・治療情報データベース事業
 

本事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することにより医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供するために利用されます。
全国の医療施設診療科の情報を収集することで、手術を行っている施設診療科の特徴、医療水準の評価、適正な外科専門医の配置、手術を受けた方の予後、これから手術を受ける方の死亡・合併症の危険性などを明らかにすることができます。
これらの登録情報は匿名化され、患者さまに不利益が生じることはありません。
また、登録については患者さまの自由な意思によりますので、拒否することが可能です。
 


現在実施中研究のオプトアウト文書
番号

研究課題名

20180803

人工知能による関節症診断の検討

20181001

関節超音波を用いた関節リウマチ滑膜炎の評価法の検討

20181002

当院における高齢発症関節リウマチ症例の検討

20190301

ディープラーニングを利用した関節リウマチの研究

20190801

高齢者における生物学的製剤自己注射の基準作りに向けた取り組み

 ~自己注射から病院内注射への切り替えのタイミング~

20190802

関節リウマチの肺・気道病変:抗CCP抗体と関節エコー所見を用いた検討