病院の紹介

理念と基本方針

ごあいさつ

画像:患者さまから<br />
信頼される病院を目指して

患者さまから
信頼される病院を目指して

医療法人清仁会は1987年5月の設立以来、地域の皆さまの健康を守ることを使命として内科系病院を運営してまいりました。
2009年10月には医師および医療スタッフを大幅に増員、さらに最新の医療機器を新たに導入し、内科系疾患のみならず、リウマチ性疾患に特化した専門医療機関として再スタートいたしました。以後、特に関節リウマチ、痛風などの関節症疾患、難病に加えられる膠原病疾患、さらにはリハビリテーションを必要とする神経難病や筋・骨格系障害の分野において、長期間の臨床実績とデータ蓄積に基づき、的確な診断と専門的な治療を行っております。
国内に数少ない内科リウマチ科の専門病院として誇りを持ち、全職員によるチーム医療をもとに、今後も地域の皆さまにとどまらず、札幌市内および全道の患者さまから信頼される病院を目指してまいります。

理事長 谷村 一秀

画像:

Greeting

私どもの病院は「北海道内科リウマチ科病院」と看板に書いてありますように、北海道はもとより日本でも数少ないリウマチに特化した専門病院です。リウマチは人口の0.5-1%の人が罹ると言われている難病で、「正確な診断と適切な治療」を受けなければ多くの患者さんの関節は変形してしまいます。
そのためには①関節エコー検査、MRI検査、血液検査等を駆使してリウマチを正確に診断すること②その結果に基づき適切な投薬を行うこと③投薬の効果をきめ細かく観察すること、そして④病態に応じた適切なリハビリテーションを行うことの四つが必要不可欠です。当院にはそれらが全て備わっておりますので、「この痛みもしかしてリウマチかな?」と思われた時には、ぜひ当院を受診してください。

理事・最高顧問 小池 隆夫

画像:

Greeting

当院の始まりは2009年(H21)に現在の北海道内科リウマチ科病院としてリウマチ、膠原病を専門にする病院としてスタートしました。
私は2016年(H28)から院長として勤務しています。リウマチに関しては治療の進歩が著しく生物学的製剤やJAK阻害剤の登場もあり、リウマチで寝たきり状態になる人は少なくなりました。それでもリウマチで入院設備、リハビリテーションを備えている専門病院は全国的にも少ないです。これからも外来入院含め、軽傷から重傷まで多面的な対応を行える病院として診療を継続してゆく事をめざして行きます。

理事・院長 清水 昌人

理念

画像:「理念」のイメージ画像
慢性疾患としての内科診療を柱とし、加えて専門センターとしてリウマチ膠原病疾患に対応する医療組織の確立をはかります。
患者さまやご家族、さらに地域の皆様が安心かつ満足できる医療、看護、介護、リハビリテーションを提供し、地域に根付いた 「頼れる病院」 を目指します。

基本方針

笑顔

私たちは笑顔を忘れず、丁寧な言葉遣いで、親切に、誠意をもって接します。また、患者さまやご家族の意見を尊重し、可能な限りご要望にお応えできるように努めます。

説明と同意

私たちは患者さまやご家族に治療や療養の方針を十分に説明し、同意を得た上で援助するように努めます。

サービスの向上

私たちは患者さまの健康を増進すべく、当院における可能な限りの治療、リハビリテーションの提供に努めます。

人権の尊重

私たちは患者さまが尊厳ある入院生活を過ごせるよう、患者さまの人権や権利、プライバシーを最大限に尊重したサービスの提供に努めます。

在宅支援

私たちは患者さまがご家庭でも安心して生活できるよう、地域の医療福祉施設と密接な連携を図りながら、環境整備の支援と在宅サービスの提供に努めます。