看護部

20代看護師

私は今年の3月に入職しました。病棟勤務から離れていた時期が2年ほどあり、入職時は大小問わず様々なことが不安でした。ですが3階病棟スタッフの皆さんはとても優しく、親切丁寧に指導を受けています。また、スタッフ同士の声かけが密なため、分からない事や困り事はすぐその場で解決することができます。病棟はとても雰囲気がよく働きやすい環境です。その中で私は看護師としてのスキルを磨き、より良い看護を提供できるように頑張っています。
私は今年の4月に入職しました。これまで培ったスキルを活かし、新たに技術と知識を身につけようと励んでいます。病棟には何でも相談できる先輩方が多く、温かで働きやすい雰囲気の中で伸び伸びと働くことができています。
私は今年の4月に入職しました。前1年は別の職場で働いていましたが、知識、技術、経験に不足があると痛感しています。しかし今は部屋持ちを行う際は慣れるまでは必ずプリセプターや相談係がいるため安心して働くことができています。一看護師として患者さんにより良い看護が行えるよう日々努力しています。
私は今年の4月に入職しました。私は経験が浅く知識や技術が未熟で不安な気持ちでいっぱいでした。しかしプリセプターや先輩方が丁寧に優しく指導・フォローしてくださるので、今は安心して業務に取り組むことができています。

私は当院に入職して初めてリウマチ・膠原病の専門分野に触れました。疾患・障害を抱えながら生活を送る患者様への看護は難しく、どのように関わっていけば良いのか戸惑う場面も多くありますが、先輩方に指導を頂きながら日々学ばせて頂いています。4階病棟で働く先輩方の姿を見て自分も患者様に寄り添い支えられるようになりたいと思い、現在は登録リウマチケア看護師の資格取得を目指しています。
私は今年の春に新卒で入職しました。大変なこともたくさんありますが、先輩の方々に支えられて毎日頑張れています。

登録リウマチケア看護師

私はリウマチ・膠原病の患者さまと関わりを持つようになって7年目の外来に勤務する看護師です。
看護主任として3年目、2児の母でもあります。当初は、直ぐには治まらない痛みに苦しんでおられる患者さまの姿に戸惑い、また病名や治療薬が多種にわたり、難しさを感じる事もありました。ですが、患者さまの笑顔に癒されたり、心を通わせることができたと思える瞬間を経験し、より多くの患者さまを支援したいと考えるようになりました。患者さまを支援するためにチーム医療は欠かせません。そこで登録リウマチケア看護師を申請することを決断しました。現在は同志(院内全体で登録リウマチケア看護師は13名おり、うち外来看護師8名)を得て、よりよい在宅療養支援を行うために奮闘中です。